合同会社メメントC

2008年より、嶽本あゆ美・大内史子・杉嶋美智子の三人が宇宙堂で出会い、退団後、嶽本の劇作家協会新人戯曲賞受賞を機に「メメントC」として旗揚げ。嶽本あゆ美のオリジナル作品とチェーホフChekhov作品を上演することからスタートした。楽器の生演奏に拘り嶽本あゆ美作「理由」シリーズ、「第六病棟」「ともしび」などを大内史子の演出で発表。堀田善衛小説から、「クララ・ジェスフィールド公園で」「安全区/Nan

jing」などを発表。2013年からは日本劇作家協会プラグラムで「太平洋食堂」を3回上演。東京・大阪・和歌山でも上演を果たす。「ダム」(作・嶽本あゆ美/演出・藤井ごう)で文化庁芸術祭優秀受賞。

2008年より、嶽本あゆ美・大内史子・杉嶋美智子の三人が宇宙堂で出会い、退団後、嶽本の劇作家協会新人戯曲賞受賞を機に「メメントC」として旗揚げ。嶽本あゆ美のオリジナル作品とチェーホフChekhov作品を上演することからスタートした。楽器の生演奏に拘り嶽本あゆ美作「理由」シリーズ、「第六病棟」「ともし

び」などを大内史子の演出で発表。堀田善衛小説から、「クララ・ジェスフィールド公園で」「安全区/Nanjing」などを発表。2013年からは日本劇作家協会プラグラムで「太平洋食堂」を3回上演。東京・大阪・和歌山でも上演を果たす。「ダム」(作・嶽本あゆ美/演出・藤井ごう)で文化庁芸術祭優秀受賞。

  • 配信作品なし
  • グッズ取扱なし

観劇三昧