全 3 件中 1 - 3 件目を表示

有料 眠り木の精霊

眠り木の精霊

(0)

(0)

劇団名 NOLCA SOLCA Stage

出演 鳶野皐月(Cheeky☆Queens)/BANRI/TOMO(Dabadu)/新免誠也/吉田青弘/門石藤矢(劇団ZTON)/浅雛拓/曽木亜古弥(株式会社リコモーション)/佐藤俊作/竹田和哲(NOLCA SOLCA Stage)/野倉良太(東京ガール)/植...

出演 鳶野皐月(Cheeky☆Queens)/BANRI/TOMO(Dabadu)/新免誠也/...

スタッフ 原案:una_delight/脚本・演出:竹田和哲 舞台美術:竹内良亮/照明:小野健(NEXT lighting)/衣装:平井沙波/ヘアメイク:..Akira-아키라../ヘ...

スタッフ 原案:una_delight/脚本・演出:竹田和哲 舞台美術:竹内良亮...

あらすじ 村のはずれにある朽ち果てた大樹・眠り木の傍に、数百年封印されている少女・アスヒ。 彼女の封印をひょんなことから解いてしまったのは、村のいじめられっ子・イブキであった。 目覚める前のことは何も覚えていないというアスヒ。 そこに、突如謎の集団が襲い来...

村のはずれにある朽ち果てた大樹・眠り木の傍に、数百年封印されている少女・アスヒ。 彼女の封印をひょんなことから解いてしまったのは、村のいじめられっ子・イブキであった。 目覚める前のことは何も覚えていないというアスヒ。 そこに、突如謎の集団が襲い来る。イブキはアスヒの手を取り、走り出す。 失われた記憶の先に待ち受ける、眠り木を巡った壮絶な歴史――― 気弱な少年と、記憶をなくした少女の、勇気と純愛の物語!!

有料 ミロクとホクシン

ミロクとホクシン

(0)

(0)

劇団名 NOLCA SOLCA Stage

出演 陸田翔希/竹田和哲(NOLCASOLCAStage)/倉橋愛実/木下航(熊の宅急便企画)/しゃくなげ謙治郎(爆劇戦線和田謙二)/進信也(べろべろガンキュウ女)/新免誠也/野口昌彦(ISCplayer[s]/ProductionDayze)/為房大...

出演 陸田翔希/竹田和哲(NOLCASOLCAStage)/倉橋愛実/木下航(熊...

スタッフ 脚本・演出:竹田和哲 舞台美術:竹内良亮(伝舞企画)/照明:小野健(NEXT lighting)/衣装・ヘアメイク:演美雪(nano&co.)/音響:椎名晃...

スタッフ 脚本・演出:竹田和哲 舞台美術:竹内良亮(伝舞企画)/照明...

あらすじ この身に流れるは、穢れた血か——— ・・・ 大陸に囲まれた小さな島国・ウスラヒの国。 古くから大陸間の貿易の拠点として発展してきたこの国の中心には、霧恵山(きりえやま)と呼ばれる大きな雪山が鎮座している。 「世界で最も美しい氷」が取れると評判のこの山に...

この身に流れるは、穢れた血か——— ・・・ 大陸に囲まれた小さな島国・ウスラヒの国。 古くから大陸間の貿易の拠点として発展してきたこの国の中心には、霧恵山(きりえやま)と呼ばれる大きな雪山が鎮座している。 「世界で最も美しい氷」が取れると評判のこの山には、氷の切り出しを生業とする一族、”氷の民”が暮らしていた。 独自の測量技術と砕氷技術を持つ彼らであったが、謎の大雪崩にまきこまれ、たったふたりの少年を残して滅亡してしまう。 生き残ったふたりの少年の名は、ミロクとホクシン。10年後、青年へと成長した彼らは、一族滅亡の真相を知ることになる。 復讐の歯車が、静かに動き出す。

有料 暁の雲

暁の雲

(0)

(0)

劇団名 NOLCA SOLCA Stage

出演 荒木輝/清水洲平(劇団・我楽多)/石垣光昴(劇団ちゃうかちゃわん)/柳沢友里亜/木下航(熊の宅急便企画)/寺谷妃菜(NOLCA SOLCA)/地道元春/江連丈暁(NOLCA SOLCA)/しゃくなげ謙治郎(劇的細胞分裂爆発人...

出演 荒木輝/清水洲平(劇団・我楽多)/石垣光昴(劇団ちゃうかち...

スタッフ 作:竹田和哲・桂しょう子(劇団ちゃうかちゃわん)/演出:竹田和哲 舞台監督:外丸美海(劇団ケッペキ)/舞台美術:黒須和輝/衣装・ヘア&...

スタッフ 作:竹田和哲・桂しょう子(劇団ちゃうかちゃわん)/演出:竹田...

あらすじ とある大陸に、三つの国があった 武力で勢力拡大を進める大国・北の国 海と山の天然要塞に恵まれた中堅国・南の国 そして、土地を持たぬ小さな新興国・東の国 北の国が、東の国に奇襲をかけた夜 東国一の武人・八雲(ヤクモ)は大切な人を死なせてしまう...

とある大陸に、三つの国があった 武力で勢力拡大を進める大国・北の国 海と山の天然要塞に恵まれた中堅国・南の国 そして、土地を持たぬ小さな新興国・東の国 北の国が、東の国に奇襲をかけた夜 東国一の武人・八雲(ヤクモ)は大切な人を死なせてしまう。 それは、予想だにせぬ悲劇の入り口だった。 東の国の当主・如月(キサラギ)は、民を率いて敗走し、南の国へ助けを求めた。 しかし南の国の当主・鞍馬(クラマ)は、東との同盟の締結に戸惑い、結論を先延ばしにする。 そして北の国の当主・海潮(ウシオ)は、配下の剣豪・頼(ライ)に八雲の暗殺を命じたのであった。 次第に明らかになる、陰謀と罠――― 誰が敵で、誰が味方なのか――― 幾重もの謎が織りなすは、希望か、それとも絶望か―――

全 3 件中 1 - 3 件目を表示

観劇三昧