日本文学盛衰史

劇団名 青年団

公演時期 2018/07/01

地域 関東

出演
山内健司/松田弘子/志賀廣太郎/永井秀樹/小林 智/兵藤公美/島田曜蔵/能島瑞穂/大塚 洋/鈴木智香子/田原礼子/大竹 直/村井まどか/山本雅幸/河村竜也/長野 海/堀 夏子/村田牧子/木引優子/小瀧万梨子/富田真喜/緑川史絵/佐藤 滋/藤松祥子

スタッフ
舞台美術:杉山至/美術アシスタント:濱崎賢二/照明:井坂浩・西本彩/音響:泉田雄太/音響操作:櫻内憧海(無隣館)/衣裳:正金彩/舞台監督:小林朝紀/演出助手:中村真生・堀川炎・陳彦君・髙野友靖(無隣館)・平田知之(無隣館)/宣伝美術:工藤規雄+渡辺佳奈子・太田裕子/宣伝写真:佐藤孝仁/宣伝美術スタイリスト:山口友里/撮影協力:momoko japan/タイトルロゴ制作資料協力:公益財団法人日本近代文学館/城崎食事:森友樹(急な坂スタジオ)/制作:石川景子・太田久美子/制作協力:木元太郎/企画制作:青年団/(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場/主催:(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場/提携:(公財)武蔵野文化事業団/協力:(株)アレス・城崎国際アートセンター(豊岡市)/特別協力:城崎温泉 お宿芹・豊岡市商工会青年部城崎支部


あらすじ

高橋源一郎氏の小説『日本文学盛衰史』を下敷きに、「文学とは何か」「近代とは何か」「日本に文学は成り立つのか」といった根本命題をめぐるディスカッションドラマ。
舞台は、北村透谷(明治27年没)、正岡子規(明治35年没)、二葉亭四迷(明治42年没)、夏目漱石(大正5年没)の通夜のあとの宴席。原作のイメージを生かして、そこでの議論から現代の風俗への往還を舞台上に現出させる。現代日本の抱える諸問題のすべての萌芽が、明治近代文学の成立の過程ですでに現れているという原作の問題提起を、演劇ならではの手法で立体化させる。

平均評価 レビュー数 (0)
または下記の埋め込みコードをご自身のブログやウェブサイトに貼り付けるとプレイヤーを埋め込むことができます。

プレビュー

※埋め込みコード内の動画の再生時間は3分までです

※アメブロ等の<iframe>タグを許可していないサービスでは利用することができません。

利用規約をお読みになり同意の上ご利用下さい

02:05:20
ニッポン・サポート・センター
有料ニッポン・サポート・センター


青年団


山内健司/松田弘子/志賀廣太郎/永井秀樹/たむらみずほ/辻...

スマートフォンアプリでも青年団の
「日本文学盛衰史」を御覧いただけます!
観劇三昧アプリ

観劇三昧