読売日本交響楽団ー目で聴く「第九」の楽しみー

Genre アート, ダンス・舞踏・パフォーマンス

Period 2020/12/24

Region Kanto

Cast
指揮:セバスティアン・ヴァイグレ(常任指揮者)/ソプラノ:森谷真理/メゾ・ソプラノ:ターニャ・アリアーネ・バウムガルトナー/テノール:AJ・グルッカート/バリトン:大沼徹/合唱:新国立劇場合唱団(合唱指揮:富平恭平)/管弦楽:読売日本交響楽団

Staff
公益財団法人読売日本交響楽団


Outline

ベートーヴェンの代表作、交響曲第9番「合唱付き」の第4楽章をもとにした3つの作品をご覧いただきます。テレビで観るオーケストラの映像は、誰かが意図をもって切り取った画。切り取られなかった部分にも、興味深い「画」があり、ディレクターが変われば仕上がる映像も変わってくるはずです。そこで小学生と指揮者に「どのように演奏会を見せたいか」を調査し、プロのテレビ制作ディレクターの「作品」とあわせ、3本の「第九」作品を仕上げました。演奏会を「見る」「プロデュースする」面白さをご堪能ください。

TheaterLive4u