個別購入 まほろばの景2020

カテゴリー ドラマ

公演時期 2020/02/20

地域 近畿

キャスト
阪本麻紀/澤雅展/あべゆう(劇団こふく劇場)/小菅紘史(第七劇場)/小濱昭博(劇団 短距離男道ミサイル)/中川裕貴

スタッフ
脚本・演出:柳沼昭徳 /音楽:中川裕貴/舞台監督:山中秀一/舞台美術:杉山至/衣裳:堂本教子/照明プラン:筆谷亮也/照明操作:追上真弓/音響:甲田徹/版画:丸町年和/宣伝美術デザイン:橋本純司/広報協力:大堀久美子/制作:富田明日香/舞台写真:東直子


あらすじ

【EPAD】

男は理想郷を探して彷徨い、人々は野生を求めて山を経巡る。

京都を拠点に創作を行う劇団・烏丸ストロークロック。
2011年の東日本大震災を契機に、日本人の自然観に大きな影響を与えたと考えられる山岳信仰を題材に選び、仙台での滞在制作といくつかの短編劇創作を経て、2018年に誕生した『まほろばの景』。
ロームシアター京都と東京芸術劇場にて上演し、話題となった初演後、さらに東北地方の神楽や修験道に関する現地取材を重ね、再創造に臨む。
二年の歳月を経て生まれ直す作品とともに、四都市を巡る。

EPAD・・・「緊急舞台芸術アーカイブ+デジタルシアター化支援事業」
(文化庁「文化芸術収益力強化事業」)の略称です。
本サイトでは、同事業において、新旧の舞台芸術の映像を配信できるように権利処理した作品に【EPAD】の印をつけています。

個別購入プラン一覧

※購入する場合は必ずログインしてください。

観劇三昧