0フォロワー

劇作家・竹内銃一郎が新たに立ち上げた集団“キノG-7”

2017年10月より翌年5月まで「竹内銃一郎集成 連続公演」と銘うって、「夢ノ旅路」「花ノ紋」「チェーホフ流」「耳ノ鍵」「タニマラ(さびしい風)」「動植綵絵」というタイトルのもと、竹内の過去の戯曲から数本選び、それぞれの一部を抜粋・連結、6 0分ほどの作品に仕上げてリーディング上演。2019年、「あと3年、あと5本」のキャッチフレーズのもと、その第一弾として「今は昔、栄養映画館」「眠レ、巴里」の二本立てを上演。
2021年1/27(水)〜31(日)にキノG-7 公演NO.2『さいごのきゅうか』上演!

  • グッズ取扱なし

観劇三昧