しんゆりシアター「桜の園」四幕の喜劇 12/5 14:00

【劇団名】

川崎市アートセンター


【タイトル】

しんゆりシアター「桜の園」四幕の喜劇


【開演時間】

12/5 14:00


【あらすじ】

人間はこんなにも哀しく、滑稽なものなのか……

チェーホフ最晩年の名作がしんゆりシアターに登場!


19世紀末の農奴解放令後のロシア。

長く外国に滞在していた女主人ラネーフスカヤが生まれ故郷に帰ってきた。

兄のガーエフ、娘のアーニャや養女ワーリャ、そして召使い達は彼女を喜び迎えるが、屋敷の財政は火の車。領地は抵当に入れられていて、利子を払う事もままならない。元農奴で、今はやり手の商人であるロパーヒンは、かつての主家を救おうと、領地を別荘地として売り出すことを提案するが、ラネーフスカヤとガーエフは現実に向き合うことができず、浪費を繰り返すばかり・・・。

家庭教師シャルロッタ、大学生トロフィーモフ、ご近所の領主も交え、渦巻いていく人間模様。

ついに領地〈桜の園〉が競売にかけられる日がやってくる……。


アントン・チェーホフの生涯最後の戯曲『桜の園』は、1904年にモスクワ芸術座で初演、日本では1915年に初演され、世界中で繰り返し上演されてきました。華やかな過去にしがみつく貴族たちと、未来を夢見る新しい世代の人々が繰り広げる「四幕の喜劇」。安達紀子による新訳でお届けします。

ご期待ください。


【キャスト名】

山本郁子

真那胡敬二

前東美菜子

横山友香

堀文明

千田美智子

齊藤尊史

内田紳一郎

南里双六

小川碧水

草彅智文

岡部雄馬

名取幸政


【スタッフ】

作:アントン・チェーホフ

翻訳:安達紀子(新訳)

演出:五戸真理枝

美術:池田ともゆき

衣裳:岩男海史

照明:阪口美和

音響:鏑木知宏

舞台監督:仲里良

演出助手:橋本佳奈

主催・企画・製作:川崎市アートセンター


【上演時間(目安)】

2時間30分(仮)


【アーカイブ視聴期限】

12/19 14:00


【チケット販売期限】

12/18 23:59


【問合せ先メールアドレス】

ticket@kawasaki-ac.jp

チケット一覧

※購入する場合は必ずログインしてください。

※初めての方はこちらのガイドをお読みください。

TheaterLive4u