俳優金子あいを中心として様々なアーティスト作品ごとにコラボレーションするユニット。「平家物語」原文の語り芝居をはじめとして現代的な視点で古典を鮮やかに蘇らせる。

俳優金子あいを中心として様々なアーティスト作品ごとにコラボレーションするユニット。「平家物語」原文の語り芝居をはじめとして現代的な視点で古典を鮮やかに蘇らせる。

2 results. ( 1 to 2 )
Pay 平家物語〜語りと弦で聴く〜俊寛
平家物語〜語りと弦で聴く〜俊寛

(0)

(0)

Genre 時代劇(歴史劇), 一人芝居, その他

Company

Cast 金子あい/須川崇志

Cast 金子あい/須川崇志

Staff 構成・演出:金子あい/音楽:須川崇志/撮影・編集・監督:竹下智也/美術:トクマスヒロミ/照明:和田東史子/録音制作・監修・編集:吉川 昭仁(STU...

Staff 構成・演出:金子あい/音楽:須川崇志/撮影・編集・監督:竹下智...

Outline ◆俳優・金子あいが『平家物語』の原文を鮮やかに語り、気鋭のジャズベーシスト・須川崇志が即興演奏で見事に寄り添い、未だ見たことのないドラマに昇華させる、まさに奇跡の競演!! ◆8台の4Kカメラとハイレゾ録音のシネマクオリティ。舞台空間に溢れるエネルギー...

◆俳優・金子あいが『平家物語』の原文を鮮やかに語り、気鋭のジャズベーシスト・須川崇志が即興演奏で見事に寄り添い、未だ見たことのないドラマに昇華させる、まさに奇跡の競演!! ◆8台の4Kカメラとハイレゾ録音のシネマクオリティ。舞台空間に溢れるエネルギー、語りの息遣いや弦のタッチまで、カメラマン竹下智也がみずみずしい即興的な感性で撮影し、生の舞台の臨場感を余すところなく再現しています。録音は数多くの有名アーティストを手がけるStudio Dede。その場で体験しているかのようなダイナミックかつ繊細な音のニュアンスをお楽しみください。「祇園精舎」祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり……。有名な平家物語の冒頭です。 「鹿谷」嘉応三年、平家は栄華の絶頂にありました。俊寛の鹿谷山荘では、後白河法皇と側近たちが夜な夜な酒宴を開き、打倒平家の密議を重ねていました。 〈その後、陰謀が発覚。俊寛、康頼、成経の三人は、平清盛の命により、絶海の孤島、鬼界ヶ島に流されます〉 「赦文」清盛の娘徳子が帝の子を懐妊。徳子を悩ませる怨霊を鎮めるため、安産祈願の大赦がおこなわれます。鬼界ヶ島の流人たちも都に戻されることになりました。 「足摺」鬼界ヶ島にやってきた都の使に会って夢かと喜ぶ流人たち。ところが、使が届けた赦文には、俊寛の名前だけがありませんでした。島を離れていく船を一人見送る俊寛。俊寛の深い悲しみが胸に迫ります。(冒頭の約2分間はコントラバスのソロ演奏) 「有王」俊寛にお仕えしていた少年、有王は、鬼界ヶ島に残された俊寛を心配し、苦労して島に渡ります。やっとのことでさがしあてた俊寛は、島の厳しい暮らしで痩せ衰えていました。 「僧都死去」有王が持参した娘の手紙を読み、妻と幼い息子が死んでしまったことを知った俊寛は、生きる希望を失い、有王にこれ以上面倒をかけたくないと、自ら食を断ち死んでいきます。有王は俊寛を荼毘に付し、遺骨を都に持ち帰り、後世を弔いました。 「アフタートーク」金子あいと須川崇志の対談。何度も練習とリハーサルを重ね、作品を練り上げていったプロセスが語られます。聞くと、もういちど映像を観なおしたくなります。 

Pay 平家物語〜語りと弦で聴く〜木曾義仲
平家物語〜語りと弦で聴く〜木曾義仲

(0)

(0)

Genre 時代劇(歴史劇), 一人芝居, その他

Company

Cast 金子あい/須川崇志

Cast 金子あい/須川崇志

Staff 構成・演出:金子あい/撮影・編集・監督:竹下智也/美術:トクマスヒロミ/照明:和田東史子/録音制作・監修・編集:吉川昭仁(STUDIO Dedé)/衣装...

Staff 構成・演出:金子あい/撮影・編集・監督:竹下智也/美術:トクマ...

Outline ◆俳優・金子あいが『平家物語』の原文を鮮やかに語り、気鋭のジャズベーシスト・須川崇志が即興演奏で見事に寄り添う奇跡の競演!! ◆5台の4Kカメラとハイレゾ録音で、舞台空間に溢れるエネルギー、語りの息遣いや弦のタッチまで生の舞台の臨場感を再現しています...

◆俳優・金子あいが『平家物語』の原文を鮮やかに語り、気鋭のジャズベーシスト・須川崇志が即興演奏で見事に寄り添う奇跡の競演!! ◆5台の4Kカメラとハイレゾ録音で、舞台空間に溢れるエネルギー、語りの息遣いや弦のタッチまで生の舞台の臨場感を再現しています。 ▽義仲は治承4年(1180)以仁王の令旨に応じて挙兵。寿永2年(1183)平家は義仲を追討するため、平維盛、通盛、経正、忠度、知度、清房を大将軍とする総勢10万余騎を北国に派遣した。 【願書(がんじょ)】 義仲は、戦いを日暮れまで引き延ばし、倶梨迦羅谷に平家の大軍を追い落とす作戦を立てた。義仲の読み通り、平家が砥浪山の山中の〈猿の馬場〉で兵馬を休めている時、義仲は、陣を構えた〈羽丹生(埴生)〉に八幡宮があることを知る。喜んだ義仲は、覚明に願書を書かせ、勝利を祈願した。 【倶梨迦羅落(くりからおとし)】  平家は義仲の引き延ばし作戦に気づかないまま日暮れを迎えた。予期せず背後から現れた軍勢に驚く平家を、義仲の軍勢が鬨の声を上げながら取り囲み、暗闇の中、平家の大軍は次々と倶梨迦羅谷に追い落とされた。深い谷を平家の七万余騎が埋めたという。 【実盛(さねもり)】  平家の軍勢が総崩れになる中、斉藤実盛はただ一騎戦っていた。大将軍に着用が許される〈錦の直垂〉を着た実盛に、義仲の家臣手塚太郎光盛が目をつける。実盛は自ら名のることなく手塚と戦い、討ち死にした。義仲は手塚が持参した頸を見て、実盛が、老武者とあなどられないように白髪を黒く染めて戦ったことを知る。〈錦の直垂〉は、北国で死ぬと決意した実盛が、故郷の越前国に錦を着て帰りたいと平宗盛に願い出て、特に許されたものだった。    ▽勢いに乗った義仲は、平家がいなくなった都に入る。しかし、後白河法皇は、義仲に平家追討を命じて都から追い出す一方で、源頼朝と手を結んでいた。都で孤立した義仲は法住寺を攻め、法皇を捕らえる。義仲は、征夷大将軍に任じられるが、頼朝が派遣した範頼・義経の討伐軍が都に近づいていた。 【木曾最期(きそのさいご)】 義仲軍は勢田、宇治で敗れる。義仲は、鴨川の河原で義経の大軍と戦うが、さんざんに討ち取られ、主従七騎になってしまった。義仲は今井四郎の行方を案じて、勢田に向かう。残った七騎の中に巴はいた。義仲は、都に引き返す途中の今井と大津の打出の浜で再会し、残兵を集めて最後の合戦を仕掛ける。義仲は巴を戦場から無理に去らせた。今井は、義仲を励まし、粟津の松原に入って自害せよと勧める。しかし義仲は敵に討ち取られ、今井は自害する。

2 results. ( 1 to 2 )
  • There is no handling of goods

TheaterLive4u