公益財団法人梅若会

梅若会は、600年以上継承されてきた日本固有の伝統芸能、能楽を広く普及することを目的として活動しています。明治時代、岩倉具視による能楽の復興に尽力した初代梅若実を筆頭に現在に至るまで、能の本質を崩す事なく時代に合わせた革新的なチャレンジを行っている団体です。人間国宝梅若実を中心として、観世流の中でも梅若家独特の優美な芸風を持っていると言われています。梅若に稽古を受けた中には、アーネスト・フェノロサ

(東洋美術史家、哲学者)、白洲正子(随筆家・女性として初めて能舞台に立った)等がいます。

梅若会は、600年以上継承されてきた日本固有の伝統芸能、能楽を広く普及することを目的として活動しています。明治時代、岩倉具視による能楽の復興に尽力した初代梅若実を筆頭に現在に至るまで、能の本質を崩す事なく時代に合わせた革新的なチャレンジを行っている団体です。人間国宝梅若実を中心として、観世流の中でも

梅若家独特の優美な芸風を持っていると言われています。梅若に稽古を受けた中には、アーネスト・フェノロサ(東洋美術史家、哲学者)、白洲正子(随筆家・女性として初めて能舞台に立った)等がいます。

  • 配信作品なし
  • グッズ取扱なし

観劇三昧