悪い芝居
全 4 件中 1 - 4 件目を表示
春よ行くな

平均評価

レビュー数
0件

カテゴリー

劇団名 悪い芝居

公演時期 2013/08/11

地域 関西

出演 呉城久美/池川貴清/大川原瑞穂/山崎彬/植田順平/宮下絵馬/北岸淳生/森井めぐみ(以上、悪い芝居)/大塚宣幸(大阪バンカー帝国)

スタッフ 作・演出:山崎彬 音楽・演奏:岡田太郎/舞台監督:大鹿展明・涌本法明(BS-II)/舞台美術:丸山ともき/照明:加藤直...

あらすじ 自分のことさえもうまく他人に伝えられないのに 自分が作り出す世界を他人に伝えることができるのでしょうか あなたはあなた自身のことを本当にわかってない こうあなたに思う時の僕は きっとあなたと同じように 僕自身のことを本当にわかってないのでしょう 「何か」をあなたに伝えたくて その「何か」は とりあえずの何かになって 僕から出てゆく それは 『好き』という言葉だったり 『好き♥』という文字だったり 『I LOVE YOU』という歌だったり 『抱きしめる』という行為だったり 『美しい花』という物体だったり 『春よ行くな』という演劇だったり 言葉や文字や歌や行為や物体や演劇になった かつて「何か」だったそいつは 今、晴れやかな気持ちでいるのかな 「何か」は何になって 僕から出てゆきたかったのかな 純愛と偏愛の間にある溝にはまって身動きがとれません 間違いなく言えることは 本当にあなたに伝えたかったのは「何か」そのものだった ということだけです 春よ行くなと叫ぶときには もう春は行ってしまっている

駄々の塊です

平均評価

レビュー数
0件

カテゴリー

劇団名 悪い芝居

公演時期 2011/11/02

地域 関西

出演 山崎彬/大川原瑞穂/池川貴清/畑中華香/宮下絵馬/呉城久美/森井めぐみ/植田順平(以上、悪い芝居)/大原渉平(劇団しようよ)/仲里玲央(清流劇場)

スタッフ 作・演出:山崎彬 舞台監督:大鹿展明/美術:東野麻美/照明:西崎浩造(キザシ)/照明操作:中島美沙希(キザシ)/音...

あらすじ 何もかもが中途半端な街にデンと山があった。 山の頂きにその動物園はあった。 麓の町を追われた一万は飼育員として働いていた。 ある夜、動物園の動物がすべていなくなるという事件が起こる。 事件の翌朝、 動物園に突如現われた股間が光る男は、ツタヤにDVDを返しに行きたい。 事件の翌朝、 麓の町から直は、兄のいる動物園に向かう。 事件の翌朝、 体の側面に火傷跡がある誰太は、点子を後部座席に乗せ、 そのリムジンを動物園へと向かわせる。 動物園に偶然居合わせることとなった人間たちが再び、 動物を追って麓の町を目指すとき、街は最後の夜を迎える。 当事者じゃないすべての中途半端な人間に送る、 最初の朝に起きた中途半端な希望の物語。 『駄々の塊です』 すべてのことが、起こる。 ご期待ください。

スーパーふぃクション

平均評価

レビュー数
0件

カテゴリー

劇団名 悪い芝居

公演時期 2014/09/11

地域 関西

出演 渡邊りょう/植田順平/池川貴清/山崎彬/岡田太郎/北岸淳生/畑中華香(以上、悪い芝居)/田中良子/大塚宣幸/Sun!!/辻井彰太/中西柚貴/吉原小百合

スタッフ 作・演出:山崎彬 舞台監督:武吉浩二(Quantum Leap*)・浜村修司(GEKKEN staffroom)/舞台監督助手:進野大輔/...

あらすじ パッとしない女性タレント・朝焼澱美は、ある日のロケで、頭にパトランプをつけた男・冠虚に出会い、何故かキスされ、理解されないパフォーマンスを生業にする胡散臭い芸能プロダクション『スーパーふぃクション』にスカウトされ、拉致され、加入することとなる。しかし巻き込まれたはずの澱美は、彼らの元で飾り気のない姿を取り戻し、やがてスーパーふぃクションの象徴的存在となってゆく。 そんな中、冠虚は突然、スーパーふぃクションを抜けると言い出す。澱美は、冠虚をふたたびスーパーふぃクションに戻すべく奮闘するのだが、次第にそれこそが冠虚が仕組んだ虚業そのものだと気がつき始める――――

メロメロたち

平均評価

レビュー数
0件

カテゴリー

劇団名 悪い芝居

公演時期 2016/07/15

地域 関西

出演 植田順平/渡邊りょう/中西柚貴/呉城久美/北岸淳生/畑中華香/長南洸生/岡田太郎/山崎彬(以上、悪い芝居)/ 石塚朱莉(NMB48)/大久保祥太郎(D-BOYS)/アツム(ワンダフルボーイズ)

スタッフ 作・演出:山崎彬 音楽:岡田太郎/舞台監督:大鹿展明/美術:竹内良亮/照明:加藤直子/音響:児島塁/衣裳:植田昇明/宣...

あらすじ 新曲のレコーディング中に起きたヴォーカルの死。 歌い上げた直後に身体から炎を上げ焼死したその去り際は、ロックバンド゛メロメロ″を伝説に変えるには充分すぎる出来事だった。 あれから5年――― 音楽ライター・神谷ふりかけは、穴が開いた誌面を埋めるべく、消息を絶ったメロメロの元ドラマー・雑味葉蔵のもとを訪ねる。 あの日以来、葉蔵は自宅に引きこもり、ひたすらにドラムを叩き続けるだけの生活を送っていた。 泣くように響くドラムの波が音楽を覆いつくすその瞬間、最期の曲゛ライフイズラブリー″の歌声はその波に乗り、 本当の伝説を語り始める。 悪い芝居2016年新作本公演は、転落と再生と転落ののバンドサウンドに乗せて生き放つ、前代未聞の移動しないロードムービー悲喜劇。 芝居を観よう。芝居を観よう。どうせ観るなら「悪い芝居」を観よう。 目を閉じれば どこにだって いける ご期待ください。

全 4 件中 1 - 4 件目を表示
  • 演劇グッズ専門店 観劇三昧「下北沢店」
  • 演劇グッズ専門店 観劇三昧「日本橋店」

観劇三昧