全 1,165 件中 1,161 - 1,165 件目を表示

有料 終末の予定

終末の予定

(0)

(0)

カテゴリー  

劇団名 匿名劇壇

出演 佐々木誠/東千紗都/松原由希子/芝原里佳/福谷圭祐 他

出演 佐々木誠/東千紗都/松原由希子/芝原里佳/福谷圭祐 他

スタッフ 作・演出:福谷圭祐 舞台監督:芝原里佳/舞台美術:ニシノトシヒロ/映像:松原由希子

スタッフ 作・演出:福谷圭祐 舞台監督:芝原里佳/舞台美術:ニシノト...

あらすじ この演劇は、地球、宇宙、あるいは世界の終わりの、その一時間前を描くものである。 しかしこれはいわゆるパニックものではない。 何故なら終末は22年前から予測されており、ここにいるのは、それを既に受け入れきった者たちだからだ。 皆、やることがないと呟く...

この演劇は、地球、宇宙、あるいは世界の終わりの、その一時間前を描くものである。 しかしこれはいわゆるパニックものではない。 何故なら終末は22年前から予測されており、ここにいるのは、それを既に受け入れきった者たちだからだ。 皆、やることがないと呟く。時間は刻々と進んでいく。

有料 PUNK HOLIDAY

PUNK HOLIDAY

(0)

(0)

カテゴリー  

劇団名 匿名劇壇

出演 福谷圭祐/佐々木誠/碇真人/東千紗都/松原由希子/芝原里佳

出演 福谷圭祐/佐々木誠/碇真人/東千紗都/松原由希子/芝原里佳

スタッフ 作・演出:福谷圭祐 舞台監督・舞台美術・企画・製作:ニシノトシヒロ

スタッフ 作・演出:福谷圭祐 舞台監督・舞台美術・企画・製作:ニシノト...

あらすじ 1.これは会話劇である。 2.会議を行う六つの会がある。 3.六つの会議のそれぞれの会話は「前後のテクストで固定されることなく」、「同時」に「並列」に存在する。 4.会と会議をシームレスに移行することにより、それは可能となる。 5.情報量が劇空間に飽和した時、...

1.これは会話劇である。 2.会議を行う六つの会がある。 3.六つの会議のそれぞれの会話は「前後のテクストで固定されることなく」、「同時」に「並列」に存在する。 4.会と会議をシームレスに移行することにより、それは可能となる。 5.情報量が劇空間に飽和した時、耐え切ることなくPUNKする。 6.PUNKしたら、再構築

有料 HYBRID ITEM

HYBRID ITEM

(0)

(0)

カテゴリー  

劇団名 匿名劇壇

出演 碇真人/佐々木誠/芝原里佳/東千紗都/福谷圭祐/松原由希子

出演 碇真人/佐々木誠/芝原里佳/東千紗都/福谷圭祐/松原由希子

スタッフ 作・演出:福谷圭祐

スタッフ 作・演出:福谷圭祐

あらすじ 1.SISTER  2.BOLT  3.恋愛についてのアンケート   4.受験戦争  5.shuffle  6.KINGS  7.HYBRID 7つの物語は、連続しているものではない。 しかし、全く別の物語でもない。 それぞれの登場人物の感情のみが一致し、それを除く時間と空間がすこしずつ...

1.SISTER  2.BOLT  3.恋愛についてのアンケート   4.受験戦争  5.shuffle  6.KINGS  7.HYBRID 7つの物語は、連続しているものではない。 しかし、全く別の物語でもない。 それぞれの登場人物の感情のみが一致し、それを除く時間と空間がすこしずつずれているのだ。 彼らのいる世界に関連性はないが、彼らの言動のみが一貫している。 つまりこれは役者の物語である。 彼らは役を演じるのではなく、その関係を維持しようと努力するのだ。 似て非なる世界へとなだらかに移行するこの舞台において、彼らは役者同士の関係を一致させようとし、 それは物語の破綻、あるいは曲解へと繋がっていく。

有料 空飛ぶ本屋さん~カウントダウンパーティ編

空飛ぶ本屋さん~カウントダウンパーティ編

(0)

(0)

カテゴリー  

劇団名 激団しろっとそん

出演 宵河くろ/大牧ぽるん/しろ/ぼんてんべす

出演 宵河くろ/大牧ぽるん/しろ/ぼんてんべす

スタッフ 作・演出:大牧ぽるん/照明:滝口史郎!/音響:河合宣彦(劇団自由派DNA)/チラシデザイン:みつもり/メイク:やま/制作:激団しろっとそん/...

スタッフ 作・演出:大牧ぽるん/照明:滝口史郎!/音響:河合宣彦(劇...

あらすじ 僕らは本屋、空飛ぶ本屋。 「『名も無き本』を探しているんだ。」。 時は魔法が使える国と使えない国が戦争している、悲しい時代。 人間に見つからない遥か上空には 人々に本を届ける〔本屋〕がポツリと浮かんでいる。 何よりも本好きなスカイと怒りんぼうの妹...

僕らは本屋、空飛ぶ本屋。 「『名も無き本』を探しているんだ。」。 時は魔法が使える国と使えない国が戦争している、悲しい時代。 人間に見つからない遥か上空には 人々に本を届ける〔本屋〕がポツリと浮かんでいる。 何よりも本好きなスカイと怒りんぼうの妹ブルーが営む 魔法の本屋は年中無休。 でも下では戦争なんてナンセンスな事が起こってる。 「俺は戦争を憎むこの国に本を降らせて戦争を止めるんだ。」 「兄さんはイカロスだね。」 魔法を使えない国の子ども、アメリと空飛ぶ本屋が世界を変える。 これは小さな勇気が人々を幸せにする、空飛ぶ本屋のお話。

有料 アルバート、はなして

アルバート、はなして

(2)

(2)

カテゴリー  

劇団名 彗星マジック

出演 木下朋子/小永井コーキ/西出奈々/米山真理/上田耽美/立花裕介/中嶋久美子/林裕介(劇団自由派DNA)/東千紗都(匿名劇壇)

出演 木下朋子/小永井コーキ/西出奈々/米山真理/上田耽美/立花裕介...

スタッフ 作・演出:勝山修平/舞台監督:堀田誠(CQ)/音響:須川忠俊(ALTERNAIT)/照明:菅野万里恵(baghdad cafe’)/宣伝美術:勝山修平(彗星マジ...

スタッフ 作・演出:勝山修平/舞台監督:堀田誠(CQ)/音響:須川忠俊(A...

あらすじ 彼は「3」という数を、とても愛しく思った。 3次元に住んでいて。空と海と地上に恵まれ、過去、現在、未来の中で。生まれ、生きて、死んでいく。始まり、続き、終わってしまう。 この地球もそういえば太陽系の第3惑星で、彼は「3」という数を、とても愛しく思...

彼は「3」という数を、とても愛しく思った。 3次元に住んでいて。空と海と地上に恵まれ、過去、現在、未来の中で。生まれ、生きて、死んでいく。始まり、続き、終わってしまう。 この地球もそういえば太陽系の第3惑星で、彼は「3」という数を、とても愛しく思った。 彼は「数」という数量を表すために用いられる概念から派生した数式で、人を、世界を、宇宙を、神を。…現そうと、考える。 それは愚かか、否か、幸福か 数を重ねて、彼は、生きた。 「3」から成される世界の中で、求め見つけて失って、幾度もそれらを繰り返し、数を重ねて、彼は、生きた。

全 1,165 件中 1,161 - 1,165 件目を表示

観劇三昧