全 1 件中 1 - 1 件目を表示

無料 南船北馬一団最終公演「ななし」

南船北馬一団最終公演「ななし」

(0)

(0)

劇団名 南船北馬

出演 藤岡悠芙子/片桐慎和子/金明玉/真野絵里/中野聡/上瀧昇一郎(空晴)

出演 藤岡悠芙子/片桐慎和子/金明玉/真野絵里/中野聡/上瀧昇一郎(...

スタッフ 作・演出:棚瀬美幸 舞台美術:柴田隆弘/照明:湯頭真智子/音響:大西博樹/舞台監督:菅本城支/チラシイラスト・デザイン:米澤知子/企画製作:南...

スタッフ 作・演出:棚瀬美幸 舞台美術:柴田隆弘/照明:湯頭真智子/音響...

あらすじ 問いかけはいつも所属を求める。 「おまえは、いつ、どこで、だれと、どうしたんだ。」  これに答える 正解不正解  あれに答えない 説明放棄関係崩壊  それに答えられない 無言沈黙視線疑問 一人の男と二人の女による、2つのエピソード。両エピソー...

問いかけはいつも所属を求める。 「おまえは、いつ、どこで、だれと、どうしたんだ。」  これに答える 正解不正解  あれに答えない 説明放棄関係崩壊  それに答えられない 無言沈黙視線疑問 一人の男と二人の女による、2つのエピソード。両エピソードとも舞台は電車の中。どこの国を走っている電車なのかは、明かされません。この二つの電車は、同じ線路の逆向きを走っています。 片方の電車の3人組は、「何かを捨てるため」の旅です。すなわち、過去から現在へと向っていきます。もう一方の3人組は、「何かを探すため」、すなわち、現在から未来へと向っていきます。 孤独から愛するフリをし、それが相手への優しさだと考えてきた男。変色した林檎のようなセピア色の日常から抜け出した男。「いってきます。」の言葉を最後に帰ってこなくなった男の真意を知りたい女。輪郭だけになった思い出のトラウマから逃げたい女。 乗客たちの求める想いが、電車を先へと進める原動力となります。しかし、その先は、“現在”であり、もう片側の先は“過去=未来”です。 逆車線の電車の中にいる人物は、時間と空間がパラレルした世界に存在するもう一人の自分です。そのため、物語は登場人物の想いによって、二重、三重に重なり合っていきます。しかし、展開はしていきません。ある一つの出来事と、それを見つめる人がいるだけです。

全 1 件中 1 - 1 件目を表示

観劇三昧