グスコーブドリの伝記

公演時期 2015/01/17

地域 東海

出演
美加理/阿部一徳/池田真紀子/大内米治/木内琴子/大道無門優也/本多麻紀/森山冬子/山本実幸/吉植荘一郎/渡辺敬彦

スタッフ
演出:宮城聰/作:宮沢賢治/脚本:山崎ナオコーラ/ドラマトゥルク:西川泰功/音楽:棚川寛子/演出補:中野真希/舞台監督:内野彰子/舞台:林哲也・神谷俊貴/舞台美術デザイン:深沢襟/舞台美術助手:佐藤洋輔・三輪香織・徳舛浩美/照明デザイン:小早川洋也/照明協力:大迫浩二/照明操作:中野真希/音響デザイン:加藤久直/音響操作:大塚翔太/衣裳デザイン:堂本教子/衣裳:大岡舞/衣裳製作:畑ジェニファー友紀・清千草・梅原正子・杉山浩子・諏訪部翔子・駒井友美子/ヘアメイク:梶田キョウコ/英語字幕翻訳:スティーブ・コルベイユ/英語字幕操作:鈴木麻里/制作:丹治陽・中澤翠/宣伝美術【絵】:清川あさみ(絵本『グスコーブドリの伝記』リトルモア刊より)/宣伝美術【デザイン】:榊原幸弘/プロモーションビデオ:フリーライディング


あらすじ

きこりの息子・グスコーブドリは、妹のネリと仲良く暮らしていたが、深刻な冷害で両親を失い、蚕の繭から糸をとるてぐす工場で働く。火山の噴火で里へ出て、山師・赤髭と沼ばたけの仕事に精を出すが、日照りが続き、やむなく街へ出ることに。クーボー大博士の講義を受け、火山局の職を得ると、噴火の被害を防いだり、干ばつ対策で雨を降らせたり、仕事に熱中するが、幸せの日々は束の間、再び冷害が到来する。被害を最小限にとどめるため、ブドリは立ち上がる。

平均評価 レビュー数 (1)
評価
投稿者
投稿日時

編集する

評価
投稿者 sugsyu
投稿日時 2018/09/19 22:55:54

 背景音楽と掛け合い、歌い交わすような独特のセリフ回しも印象的。幾何学的な舞台美術も含め、宮沢賢治独自の幻想世界に創造的にアプローチしている

または下記の埋め込みコードをご自身のブログやウェブサイトに貼り付けるとプレイヤーを埋め込むことができます。

プレビュー

※埋め込みコード内の動画の再生時間は3分までです

※アメブロ等の<iframe>タグを許可していないサービスでは利用することができません。

利用規約をお読みになり同意の上ご利用下さい

00:00:00
アンティゴネ ~時を超える送り火~
有料アンティゴネ ~時を超える送り火~


SPAC-静岡県舞台芸術センター


美加理/本多麻紀/赤松直美/阿部一徳/石井萠水/泉陽二/大内...

スマートフォンアプリでもSPAC-静岡県舞台芸術センターの
「グスコーブドリの伝記」を御覧いただけます!
観劇三昧アプリ

観劇三昧