新規登録 ログイン

有料 東京スカチャラストーリー2022

カテゴリー コメディ,

公演時期 2022/10/30

地域 関東

キャスト
岩本貴子/竹村とよ志/加藤照男(チームハンディー)/麒麟子/和興/かずさ容子/今井光信/本田愛/堀江あや子/川島芽生/宮脇由佳/浅田隆太(俳協)/Kei/中村信行(なにわ三国志)/貴田拳

スタッフ
作:柴切正輝/脚色:貴楽屋/演出:岩本貴子/演出補:竹村登代志/演出助手:如月せいいちろー/音楽・音響:JUN/舞台監督:酒井健太(Veilon)/照明:(有)ライトアップ/舞台美術:TEN WORKS/宣伝美術:プリサイス印刷/撮影:箱崎慎一・風間勝美/ヘアメイク:大山なをみ/映像ライブ配信・映像配信:観劇三昧/歌唱指導:日野原希美/振付:安間千紘/制作:ピーブファクトリー・真山たかこ


あらすじ

時は、1957年(昭和32年)。
敗戦後の日本は、天と地をひっくり返すかのように、変化を続けていた。
4月1日には、売春防止法が、1年間の猶予を持って施行された。
戦後、ヤミ市として栄えた通称「スカチャラ通り」は、ちょっとした青線街となっていた。
その中心にある食堂、通称「スカチャラハウス」。
食堂と言っても、特殊飲食業と言われる、所謂パンパン屋である。
しかし、年々、ヤミ市の撤去は加速化し、
この「スカチャラ通り」も、あと一か月で姿を消すことになっている。
女たちは、自分の身の振り方に試行錯誤させられていた。
東京タワーの建設も始まり、
日本は、法治国家として世界に肩を並べようと、
高度経済成長期の名のもとに、皆がむしゃらに働き、勢い付いていた。
この物語は、時代の大きなうねりとともに未来に向かって生きようとする、
女たちと男たちの再生のドラマである。

平均: 0

または下記の埋め込みコードをご自身のブログやウェブサイトに貼り付けるとプレイヤーを埋め込むことができます。

プレビュー

※埋め込みコード内の動画の再生時間は3分までです

※アメブロ等の<iframe>タグを許可していないサービスでは利用することができません。

利用規約をお読みになり同意の上ご利用下さい

有料
131 分
演劇ユニット貴楽屋「蛍」

演劇ユニット貴楽屋「蛍」

演劇ユニット貴楽屋

演劇ユニット貴楽屋「蛍」
演劇ユニット貴楽屋

(0)

有料
90 分
ジュンサイ

ジュンサイ

演劇ユニット貴楽屋

ジュンサイ
演劇ユニット貴楽屋

(0)

無料
125 分
泣いたらあかん第5話ーBキャスト版ー

泣いたらあかん第5話ーBキャスト版ー

演劇ユニット貴楽屋

泣いたらあかん第5話ーBキャスト版ー
演劇ユニット貴楽屋

(0)

無料
116 分
泣いたらあかん第5話ーAキャスト版ー

泣いたらあかん第5話ーAキャスト版ー

演劇ユニット貴楽屋

泣いたらあかん第5話ーAキャスト版ー
演劇ユニット貴楽屋

(0)

スマートフォンアプリでも演劇ユニット貴楽屋の
「東京スカチャラストーリー2022」を御覧いただけます!
観劇三昧アプリ

観劇三昧