有料 エンリ帝国戦記〜叙事詩オモイカネ〜 毒王の儀編

カテゴリー SF, ファンタジー, 恋愛

劇団名 Aznet Produce

公演時期 2022/08/01

地域 関東

キャスト
ぱーる/才原茉莉乃/柊みさ都/CONAN/皇希/なる/羽真侑李/渡部晃乃/輪島貴史

スタッフ
作・演出:輪島貴史/音響:WIND PROMOTION/音響補佐:KOUGA/照明プランナー:松本雅文/照明オペレーター:日実香/フライヤーイラスト:Slushy/ロゴ・フライヤーデザイン:絵描きしんじ/音楽:あいあい/衣装・美術:Aznet Promotion/撮影:WIND PROMOTION/映像編集:KOUGA/プロデューサー:立花和紗


あらすじ

〜毒王の儀編〜THIS IS LOVE STORY ネルガの森で野々宮と再会したばかりの渡来に、野々宮が告げた。「必ず帰ってきますから」「野々宮どこに・・・」「ここで待て、野々宮には野々宮の役目がある」差し出された液体を飲み干す野々宮。「っだあああ!!!がああ!!あああっづ!!!げえええええええ!!!!!」「野々宮!!!」「動くな、触る事を禁ずる」もだえ苦しむ野々宮、渡来は理由も分からず立ち尽くす。「毒王の儀はすでに始まっている」渡来はネル・ガの掟、毒王の儀を聞かされた。10歳よりタジカラヲの証しとして入れ墨を彫り毒王の儀が始まる。抗体ができては新たな毒を、徐々に多く、徐々に強く、24歳の成人までそれを繰り返す。全ての毒に耐性を持つタジカラヲ、それがネル・ガの長、毒王。毒王となるための儀式、それが『毒王の儀』「それが、野々宮の処刑」「処刑?」「毒による処刑、それが野々宮の罰、核の力を使った野々宮の罪、死ねば処刑は完了、生き残れば毒王、二つに一つ、それが裁判で下された裁き野々宮が背負った人生相棒も無く、この毒のイバラのレースを生き残るのは不可能だ」「いるよ・・・ここに・・・パートナーならここにいる、私が野々宮を勝たせてやる」渡来の決意に、野々宮は応えた。「必ず帰ってきます、その時は、迎えに行きます」そして24歳、満月の夜、王座をかけた最終レース『毒王の儀』は、毒王の号令と共に始まった。

平均評価 レビュー数 (0)
または下記の埋め込みコードをご自身のブログやウェブサイトに貼り付けるとプレイヤーを埋め込むことができます。

プレビュー

※埋め込みコード内の動画の再生時間は3分までです

※アメブロ等の<iframe>タグを許可していないサービスでは利用することができません。

利用規約をお読みになり同意の上ご利用下さい

スマートフォンアプリでもAznet Produceの
「エンリ帝国戦記〜叙事詩オモイカネ〜 毒王の儀編」を御覧いただけます!
観劇三昧アプリ

観劇三昧