新規登録 ログイン

有料 Rintrik-あるいは射抜かれた心臓

カテゴリー その他

劇団名 shelf

公演時期 2020/10/06

地域 -

キャスト
川渕優子/沖渡崇史/綾田將一/横田雄平/アルダ

スタッフ
劇作家(上演台本執筆)・演出家:矢野靖人 /原作者(小説家):ダナルト/翻訳者:山下陽子/装置家:矢野靖人/音響プランナー:矢野靖人/衣裳デザイナー:矢野靖人/照明プランナー:久松夕香/記録映像・編集:江藤孝治/宣伝美術写真:原田真理/宣伝美術ヘアーメイク:TERACHI/宣伝美術:オクマタモツ(956D)/シンポジウム配信協力:山吹ファクトリー/プロジェクト通訳:アルダ/舞台監督:川口眞人(レイヨンヴェール)/助成:公益財団法人東京都歴史文化財団/アーツカウンシル東京/企画・制作・主催:一般社団法人shelf


あらすじ

【EPAD】

かつてとても美しかった谷があった。若い恋人たちや旅行者の多くが訪れたその谷は、しかしいつの頃からか若い恋人たちが生まれたばかりの自分たちの赤ん坊を投げ捨てに来る場所となってしまった。それも日に20体、30体という赤ん坊の遺体が投げ捨てられるようになった。あるときふらりと現れてその谷に住まうようになった盲目の老女リントリク。彼女は雨の日も嵐の日もただ捨てられた赤ん坊を拾い埋葬し続けた。最初は彼女の存在を恐れた村人たちもいつしか彼女を畏れ敬うようになっていった。
ある夜、一人の若者がリントリクのもとに赤ん坊を抱えて訪ねてくる。その赤ん坊を若者は埋葬してくれとリントリクに願う。その後、その赤ん坊の母親である若い娘と、娘の父親である猟師が現れ...

ダナルトは、ジャワのケジャウェン(※ヒンズー、アニミズム、イスラムがミックスした民族宗教)の精神的な教えをルーツに持つ神秘主義的な作家である。shelfの矢野は、社会的、文化的、宗教的文脈や価値観のまったく異なるこの作家のテキストを丹念に翻訳するところから始め、他者理解の可能性と、生と死あるいはアジア文学における女性の描かれ方について、舞台制作を通じて探求を試みる。またこの作品は、東京-ジャカルタを結ぶ長期国際共同制作プロジェクト「交差/横断するテキスト:ミステリーとミスティカルのあいだで」の第一弾として計画された。クリエイションパートナーであるLab Teater Ciputatのバンバン・プリハジは今回、shelfがダナルトの『Rintrik』に挑むのと同じく、三島由紀夫の『卒塔婆小町』を舞台化する。

EPAD・・・「緊急舞台芸術アーカイブ+デジタルシアター化支援事業」
(文化庁「文化芸術収益力強化事業」)の略称です。
本サイトでは、同事業において、新旧の舞台芸術の映像を配信できるように権利処理した作品に【EPAD】の印をつけています。

平均評価 レビュー数 (0)
または下記の埋め込みコードをご自身のブログやウェブサイトに貼り付けるとプレイヤーを埋め込むことができます。

プレビュー

※埋め込みコード内の動画の再生時間は3分までです

※アメブロ等の<iframe>タグを許可していないサービスでは利用することができません。

利用規約をお読みになり同意の上ご利用下さい

00:59:40
「nora(s)」
有料 「nora(s)」


shelf


川渕優子 Yuko KAWABUCHI/春日茉衣 Mai KASUGA/ミウラケ...

01:11:39
[deprived] Bangkok 2015
有料 [deprived] Bangkok 2015


shelf


川渕優子/小川敦子/三橋麻子/沖渡崇史/横田雄平/GANDHI WA...

01:18:56
Hedda Gabler(英語字幕あり)
有料 Hedda Gabler(英語字幕あり)


shelf


川渕優子/三橋麻子/沖渡崇史/横田雄平/小川敦子

01:39:18
GHOSTS-COMPOSITION/IBSEN (イプセン著『幽霊』より) :英語字幕あり
有料 GHOSTS-COMPOSITION/IBSEN (イプセン著『幽霊』より) :英語字幕あり


shelf


川渕優子/春日茉衣/森祐介/沖渡崇史/文秉泰/三橋麻子

01:39:18
GHOSTS-COMPOSITION/IBSEN (イプセン著『幽霊』より)
有料 GHOSTS-COMPOSITION/IBSEN (イプセン著『幽霊』より)


shelf


川渕優子/春日茉衣/森祐介/沖渡崇史/文秉泰/三橋麻子

スマートフォンアプリでもshelfの
「Rintrik-あるいは射抜かれた心臓」を御覧いただけます!
観劇三昧アプリ

観劇三昧