Free ランチタイムセミナー 〜検証1997年・ペルー日本人大使公邸人質事件〜

Genre ミステリー・サスペンス

Period 2019/04/28

Region Chubu

Cast
栗木己義/荘加真美/髙橋ケンヂ/まどかリンダ/空沢しんか/林優花/伊藤翔大/杉田愛憲/岡浩之/山﨑結女/はせひろいち/後藤卓也(劇団芝居屋かいとうらんま)/二瓶翔輔(フリー)/山本一樹(演劇組織KIMYO)/中内こもる(劇団中内(仮)・クリアレイズ)

Staff
作・演出:はせひろいち/照明:福田恒子/音響:松本詩千/舞台美術:JJC工房/舞台監督:岡浩之/宣伝美術:石川ゆき/制作:劇団ジャブジャブサーキット


Outline

ペルー日本大使公邸人質事件 

事件の発生は1996年12月17日の夜。日本大使公邸で行われていたレセプションの最中、覆面をした一団が乱入し、制圧・占拠した。発生当初、早期解決が期待されていた事件は、その後の進展がなく、ついに4か月以上経った1997年4月22日、衝撃的な結末を迎える。加熱する報道、平和解決を望む日本政府と、日本国籍をも持っていたフジモリ大統領との確執、駆け引き、そして裏切り。その板挟みにあった邦人の人質たち。事件が「劇場型」という表現で語られるきっかけになった出来事でもあった。

人質となって4カ月を迎えたとある日、日本大使公邸の「娯楽室」と名付けられた一室では、軟禁状態の退屈さを埋めるため、今日も邦人人質の有志で麻雀が行われていた。単身赴任中で課長クラスの石嶺、近藤、若手の岸、そして大使館勤務の2等書記官である山崎の面々だ。時折、館内に響く銃声に怯えながら、赤十字から届く、家族からの手紙や差し入れ、そしてそのゲリラ立ち合いの検閲に一喜一憂しながら、いつ終わるとも知れない「日常」に身を沈めていた。「富める国ニッポン」の高学歴なビジネスマンに、尊敬と好意すら抱くゲリラ側の少女たち。ゲリラ側の首謀者との対話を試みる石嶺。生きる活力を失わないよう、定期的に開催された昼食後の勉強会「ランチタイムセミナー」。誰もが心の片隅に、漠然とした平和的解決のイメージを抱いていた。水面下で進められている極秘の強行突入、いわゆる「Xday」が、目前に迫っているとも知らずに…。

劇団の60回記念公演として上演された「ランチタイムセミナー ~検証1997・ペルー日本大使公邸人質事件~」は、副題の通り、22年前に南米はペルーの首都リマで起きた、実際の事件をモチーフにして書かれています。今回はその再演です。事件解決から半年後、まだ誰も触れたくない空気の中、座付き作家の「はせひろいち」は熱病にうなされたように「リマが書きたい」と言い、わずかな資料から一気に書き上げ、皆でスペイン語にも挑戦して、造り上げた作品です。死と隣り合わせの、でも、とても退屈な日常の中、テーブルゲームや昼食後のいわゆる「ランチタイムセミナー」で、生活への意欲を捨てなかった邦人の人質たち。そしてまだテロリストではなく「ゲリラ」と呼ばれていた、犯行グループとのささやかな心の交流。公邸内の「娯楽室」に場面を絞り、ワンシチュエーションを貫いた会話劇でした。22年前に名古屋と東京で公演し、翌年には作・演出の「はせ」が、第2回若尾・松原記念演劇賞を、この作品で受賞しています。

Rating Reviews (1)
Rating
Reviewer
Posted on

Submit Edit

Rating
Reviewer くみ
Posted on 2020/06/10 17:04:41

岐阜公演を拝見しました。役者さんが若干違うのでこれは別の年の公演だとは思いますが、それでも根底に流れるエネルギーはやはり格別なものがあります。 脚本が本当に素晴らしい。事件当時、画面の向こうのことに感じていた出来事が、目の前で起こっているような臨場感がありました。登場人物のそれぞれの立場による心境を丁寧に描いていて、ひたすら感動しました。この脚本を演じ切った役者の方々も素晴らしいです。 初演は残念ながら拝見していないのですが、事件から 時を経た今だからこそ、感じるものがあると思います。

01:47:45
月光カノン
Pay月光カノン


劇団ジャブジャブサーキット


渡邊綾人/小関道代/なかさこあきこ/加藤祐子/ヤストミフル...

01:45:01
月読み右近の副業
Pay月読み右近の副業


劇団ジャブジャブサーキット


咲田とばこ/荘加真美/はしぐちしん/伊藤翔大/まどかリンダ...

You can watch the performance on App.
“Theater Live 4u“ App

TheaterLive4u