Ushio and Tora :1st chapter "Ushio meets Tora", 2nd chapter "storne eater"

Genre ファンタジー

Company Theater OM

Period 2008/12/14

Region Kinki

Cast
Makoto Inamori/ Megumi Tamura/ Tomoe Nakano/ Kazuki Kita/ Shiori Imai/ Katsuji Ota/ Hiromi Ota/ Makiko Okumura/ Tamotsu/ Hiroyasu Nakashima/ Mania Noda/ Ruruko Morita/ Yuki Yonezawa/ Riko

Staff
原作:藤田和日郎 脚本・演出:稲森誠(劇団シアターOM) 舞台監督:柳虎志朗(0時STANCE)/音響:大谷健太郎(七月ハリケーン)/照明:三國創(Sou Stage Lighting Art)/宣伝美術:C.I、Ru. 協力:0時STANCE、Sou Stage Lighting Art、野上 裕太、大扇風、劇団 縁~えにし~、劇団 泊、ちろろプロデュース、村田堂本舗、演劇集団ビーアゲイン (※順不同) 製作:劇団シアターOM 「うしとら」プロジェクト スタジオプロデューサー:松本 格子戸


Outline

Theater OM in Osaka make a stage of Comic "Ushio and Tora", and the the approval from original author Kazuhiro Fujita.

Rating Reviews (1)
Rating
Reviewer
Posted on

Submit Edit

Rating
Reviewer 武信貴行
Posted on 2014/09/19 13:31:15

連綿と続くシリーズ物のレビューと評価を切り取られたエピソードだけでするのは本意では無いのですが敢えて飽くまでもこのエピソードに関するレビューということで断行w マンガやアニメの舞台化が活発な昨今ですがこの作品はその先駆け朋なる時期のものであり、そもそも「企画を実現化する」という段階での障壁がクリアできるかどうか?…が最大の企画的焦点だったはず。 そこをクリアした劇団の原作愛は諸手を上げて賞賛に値する。 ただ昨今の様にこれがある程度メインストリームに乗っているという時流の差や、大資本ベースでの企画になりやすい中でのフリーシアター系からの発案・実現化であるという規模の差で、単純にこのエピソードに限って言えばやや同人誌的(いにしえの「ファンブック」「ファンジン」的な意味でw)な雰囲気がある。 このシリーズは現在も原作の全エピソードを網羅すべく進行中であり、決してこのエピソードが全てでは無いのを踏まえた上で、このエピソードは☆は3つの平均点。 良くも悪くも「アニメや漫画の舞台化」というワードで演劇にあまり興味のない人が思い描くかも知れない作品にもしかしたら近いかも。 このエピソードを見て「今はどうなってるんだ?」と思った方は是非2014年現在も続く当公演の現在形を確かめて欲しい。 そこには「アニメや漫画の舞台化」のエポックになった作品の現在形があるはずである。

02:19:34
Hypocrite
PayHypocrite


Theater OM


Makoto Inamori/ Masatoshi/ Deguchi/ Shinya Hori/ Ikko ...

02:02:45
Bloodthirsty
PayBloodthirsty


Theater OM


Makoto Inamori/ Tamotsu/ Ruruko Morita/ Yuji Shimizu/ ...

02:14:23
Shuten-doji: signs
PayShuten-doji: signs


Theater OM


Makoto Inamori/ Megumi Tamura/ Tamotsu/ Yusuke Uchino/...

You can watch the performance on App.
“Theater Live 4u“ App

TheaterLive4u