沈澱タイ(CASE D)

【劇団名】

16号室


【タイトル】

沈澱タイ(CASE D)


【開演時間】

2021年5月8日(土) 18:00


【あらすじ】

芸術家である太郎の一代記。太郎の半生を辿りながら

「何故、芸術家になったのか」「何故、その芸術が生まれたのか」を描く。

生きていく上での社会の矛盾や理不尽さ、自分探しに足掻く造形を

哀切に描きながら、それらの様々な要素が芸術作品を創っていく。


今作「沈澱タイ」は2012年の初演に一ヶ月公演を実施(G/PIT)。

2016年にあいちトリエンナーレに出展(愛知芸術劇場)。

その一ヶ月後に一週間の追加公演を実施(G/PIT)。

2019年に東京で二週間の公演を実施している(SOOO dramatic)。


【キャスト】

八代将弥(16号室/room16) 芝原啓成(オイスターズ) 廣瀬菜都美(A-team group A-light)

元山未奈美(演劇組織KIMYO/名古屋プロダクション) 青木里菜(ホワイトスター)

川瀬幸恵(タレントオフィスともだち) 織田佳祐(劇団わに社/劇団←甘さ控えめ。)

戸松大河(KYOU MO MILK GA COBORESOU) ごとーあきら(劇団←甘さ控えめ。)

高木和 ティナ棚橋(劇団サラダ)


【スタッフ】

脚本・演出:八代将弥a.k.a.SABO

総合美術:杉浦哲平

舞台監督:柴田頼克(かすがい創造庫/電光石火一発座)

演出助手:みきを。 

制作チーフ:川瀬幸恵(タレントオフィスともだち)

製作: 16号室


【上演時間(目安)】

120分

*公演終了後、配信限定アフタートーク有*


【アーカイブ視聴期限】

2021年5月22日 13:00


【チケット販売終了日時】

2021年5月22日 10:00


【問合せ先メールアドレス】

16goshit.su@gmail.com

チケット一覧

※購入する場合は必ずログインしてください。

※初めての方はこちらのガイドをお読みください。

TheaterLive4u