しんゆりシアター 劇団わが町 第10回公演 『グスコーブドリの伝記』 2/6 13:00

【劇団名】

川崎市アートセンター


【タイトル】

しんゆりシアター 劇団わが町 第10回公演 『グスコーブドリの伝記』


【開演時間】

2/6 13:00


【あらすじ】

『グスコーブドリの伝記』は、宮沢賢治作品の中で一番つまらない、と言った評論家がいます。

その人に言わせると、あれほど珠玉のような言葉を紡ぎ、見事なファンタジーを繰り広げた作家が、この作品でだけはそうなっていない、と言うのです。

しかし私は、うち続く冷害と干ばつに打ちのめされて、言葉を紡ぐゆとりも、ファンタジーを夢見るゆとりも失った、できそこないの農業教師としての賢治さんは、

こう書かざるを得なかったのだと思います。

父親からは「でくのぼう」と言われ、自分でも「でくのぼう」と称していた賢治さんが、血を吐く思いで、ギリギリのところで書いた作品だったのでしょう。

一九八二年の劇団えるむ初演の頃、劇中の賢治さんは一人でした。

三十九年後の劇団わが町上演版は、劇中の賢治さんは四人になっています。

作品を読み直せば読み直すほど、賢治さんについて調べれば調べるほど、一人ではおさまらなくなったのです。

ということは、賢治さん、あなたは「でくのぼう」なんかじゃなく、四人分の(ひょっとするともっと多くの)人生を生きた巨大な人だったのではないでしょうか。


ふじたあさや


【キャスト名】

劇団わが町劇団員、古舘一也(客演)、森山蓉子(客演、company ma所属)


【スタッフ】

原作:宮沢賢治 脚本・演出:ふじたあさや

音楽:宮沢賢治・岡田和夫・藤原豊

美術:池田ともゆき 照明:坂本義美

音響:山北史朗 衣裳:大谷恵理子(company ma)

ステージング:酒井麻也子 歌唱指導:森山蓉子(company ma)

舞台監督:野口岳大 演出補:大谷賢治郎(company ma)

宣伝美術:中村圭介(ナカムラグラフ)


【上演時間(目安)】

2時間


【アーカイブ視聴期限】

2/20 13:00


【チケット販売終了日時】

2/19 23:59


【問合せ先メールアドレス】

ticket@kawasaki-ac.jp

チケット一覧

※購入する場合は必ずログインしてください。

※初めての方はこちらのガイドをお読みください。

TheaterLive4u