Oradexon 12/15 14:00

【劇団名】

深海洋燈


【タイトル】

Oradexon


【開演時間】

12/15 14:00


【あらすじ】

新型ウィルスの影響を受け、バングラデシュの200年続いた色街が閉鎖された。

そこで働くセックスワーカー達はほとんどが未成年である。10代そこそこで売られてくるのが現状だ。

 

その国の男達の性癖に合わせ、ふくよかな体を作るために『oradexon』(オラデクソン)という家畜用ステロイドが、その売春宿を取り仕切るマダムから配布される。

主に牛を肥えさせるために使うものだ。

副作用はすさまじく、内臓は肥大化し機能不全を誘発する。精神的疾患も顕著に現れる。

中には20代そこそこで亡くなる少女達も大勢いる。

 

家族で、親子で経営している売春宿もある。

過去の話しではない、今現在の話しだ。

新型ウィルスにより閉鎖され、国からセックスワーカー達への補償などは勿論ない。

どうやって生きればいいというのか。

 

「そんな所は無くなって良かった。」

「仕方のない犠牲だ。」

 

そんな声も聞く。

 

「考えても仕方ないじゃないか。どうせ遠い異国の事だから。」

 

心に小さな穴が空くのを感じる。

 

この国では、数年前に首都のとあるレストランでテロが起きている。

国民が断食をするその日を狙った襲撃テロだ。レストランの中には外国人しか居なかった。

20名以上が犠牲になった。

中には支援するために来国していた、日本人7名も含まれている。

そのテロを起こした指導者は日本国籍だった。

人を救うために生まれた宗教は、人を殺す理由に用いられている。今現在もだ。

 

“遠い異国の話し…”

僕はどこで線引きをして考えないようにすればいいのだろうか

 

少なくとも演劇の力を借りられる内は、光の届かない暗闇に灯りを燈していきたい。


【キャスト】

日和佐美香

佐藤梟

松本麻実


[特別出演]

小林由尚 加藤亮介

染野弘考 伊東千陽路


【スタッフ】

脚本・演出・監督 申大樹 / 美術・衣裳 野村直子 / 照明 染野弘考 / 音響 小林由尚 / 劇中歌作曲 加藤一博(minimumanti) / 舞台監督 加藤亮介 /衣裳製作 前田和美 / 映像ディレクター・編集 オクトウミユ(コラボニクス)/撮影 Gecho(コラボニクス)/ 撮影会場 gallery shell 102 / 制作 傳田圭菜 松岡美香 /企画・製作 深海洋燈


【協力】

鈴木知子(gallery shell 102)/清水修平/松本木工(株)/株式会社 馬場


【上演時間(目安)】

約1時間30分


【アーカイブ視聴期限】

12/29 14:00


【チケット販売終了日時】

12/29 12:00


【問合せ先メールアドレス】

shinkailamp@gmail.com

チケット一覧

※購入する場合は必ずログインしてください。

※初めての方はこちらのガイドをお読みください。

TheaterLive4u